10,800円で送料無料!
即日出荷対応可能
代引手数料弊社負担

バー・ツール ナランハ

バー・ツール ナランハ

お問合せ

Phone 0120-913-477

受付 10:00-17:00 土・日・祝休 ※店舗は日曜営業

question お問合せフォーム bell 返品・交換受付

バー・ツール ナランハ メールマガジン Vol.80 (2012年5月2日 発行)

        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 バー・ツール ナランハ インフォメーション メールマガジン

           http://www.naranja.co.jp/bar

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.80(2012.5.2 発行) ━━

 ☆ MENU ☆

 1.書籍「The Art of Advanced Cocktail 最先端カクテルの技術」
   編著者 いしかわあさこ氏 インタビュー
 2.オリジナル名入れコースター・キャンペーン!
 3.5月13日は『カクテルの日』
 4.国内イベント情報
 5.新商品情報・お知らせ
 6.カタログ配布
 7.休業日のご案内
 8.次回発行日のご案内
 
 ※登録・解除はこちら
 http://www.naranja.co.jp/bar/news-letters

====================================
 1.書籍「The Art of Advanced Cocktail 最先端カクテルの技術」
   編著者 いしかわあさこ氏 インタビュー by 繁岡 賢朗
====================================

 先日、ある出版社様からのご依頼で、カクテルブック掲載の撮影用に様々な
 カクテル用品をご用意させていただきました。聞けば企画・編著された方の
 ご指名とのこと。完成したその書籍は、アルコールと科学の融合「モレキュ
 ラー(分子)・カクテル」を中心に、最先端カクテルの技術を凝縮し、そのテ
 クニックとレシピを掲載したもので、その斬新な内容といい、A4サイズのペ
 ージ全体に大胆にあしらわれた非常に美しい写真といい、従来のカクテルブッ
 クとは一線を画す、とても印象的で興味深い一冊でした。

 「いったい、どんな方がこの本を書かれたんだろう?」と思い、急遽インタ
 ビューをさせていただくことに。編著者いしかわあさこ氏は、東京生まれ横
 浜在住。食堂を営む祖父母の影響で、幼少時より飲食の世界に自然と興味を
 持ち、大学時代からバーに通い詰める毎日。営業や飲食業勤務を経て、現在
 はスコッチ文化研究所に勤務し『Whisky World』や『ウイスキー通信』の編
 集兼ライターとして活躍し、カクテル情報サイト『DRINK PLANET』でも記事
 を執筆されています。また、バー紹介とカクテルレシピのサイト『今宵のバ
 ー?』を開設し、運営されています。

 ご取材などでご多忙な中お時間をいただき、しかもプロのライターさんに素
 人の私がインタビューするということで、粗相があってはいけないと緊張感
 マックスでしたが、とても気さくな方で、色々とお話をお聞きすることがで
 きました。それでは早速、インタビューの様子をご覧ください。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 繁岡(以下、繁):今日はよろしくお願いします。

 いしかわあさこ氏(以下、い):よろしくお願いします。

 繁:早速ですが、この本を書こうと思われたきっかけを教えていただけますか?

 い:今回のカクテルブックで、フレーバード・スピリッツのジャンルにご協
 力頂いた有田さんのお店『Bar HALEKULANI(バー・ハレクラニ)』に、7年前
 頃から通い始めました。そこで色々と飲んでいくうちに、フレーバード・ス
 ピリッツの可能性を感じたんです。そのうち『Whisky World』の編集に携わ
 ることになって、有田さんと「フレーバード・スピリッツのカクテルを日本
 で広めるために、雑誌で紹介できたらいいね」なんて話をしていました。で
 も『Whisky World』ではなかなか取り上げることができなくて。ただ、ずっ
 と頭の片隅には残っていて、いつか何かの形にできればと思っていました。
 それから5年くらい前に岐阜の中垣さんのお店『BAROSSA cocktailier(バロッ
 サ・コクテリエ)』に行って真空調理器と出会ったり、さらにリキッド・ナイ
 トロジェン(液体窒素)、アロマ、スモークのカクテルを飲んだことで「あ、
 これらをまとめたら面白い本ができるかもしれない」と思いました。

 繁:その「本ができるかもしれない」って思われたのは、いつ頃なんですか?

 い:去年の6月くらいですね。その1年前にいくつかのメーカーさんにご相
 談したときは、「日本のバー・シーンでは、内容が最先端過ぎてついていけ
 ないんじゃないの?」って言われたんですが、1年経って同じ話をしたら
 「いけるんじゃない!?」という話になったので、じゃあトライしてみよう
 かなと。そこで以前からお付き合いのあった旭屋出版さんに企画を持ち込み
 ました。おこがましいかもしれませんが、日本のバーとバーテンダー、カク
 テル・シーンに少しでも刺激を与えられるような本を作れたら最高だなと思
 って。

 繁:では、この本をどんな方に読んでもらいたいですか?

 い:技術本なので、まずはバーテンダーさんに読んでもらいたいです。今ま
 でこのようなジャンル分けをして、定義とテクニックを紹介した本は国内に
 なかったと思います。それからもちろん、飲み手側も眺めているだけで楽
 しめるものにしました。A4版でこれほどカクテルの写真を大きく取り上げた
 本は、国内では珍しいと思います。まるで写真集みたいでしょ(笑)。内容は
 確かにちょっと高度なテクニックの紹介ですが、「バーって面白そうだな」
 とか「このカクテル飲んでみたいな」とか思ってもらえたらという気持ちで
 作りました。目指したのは洋書のカクテルブックみたいなカッコ良さで、特
 に女性の方が見て「キレイだな」「オシャレだな」とか思ってくれたらいい
 なって。

 繁:いしかわさんは大学時代から、色々なバーに通われていたみたいですね。

 い:銀座『ルパン』『Old Movie』などで飲んでいました。弟とふたりで、
 ドキドキしながら扉を開けたことを今でも覚えています(笑)。太宰治が座っ
 た席で、「ギブソン」を頼んだりして。大人になった気分でいました。

 繁:ちなみに、初めてのバーって覚えてますか?

 い:確か渋谷の『ROXY』ですね。もう随分前に無くなったんですが、とにか
 く開けたら真っ暗で、目が慣れるまで5~6分かかるんです(笑)。プールバー
 でした。ビリヤードとジュークボックスがあって、モノクロの無声映画が流
 れていましたね。その当時は学生だったので、一杯千円するカクテルって当
 然「高いな」と思うじゃないですか。なんでみんな大人達は、たった一杯の
 カクテルに千円も出すんだろうって不思議でした。でも、ということはきっ
 とその分なにか魅力があるんだろうなって余計惹き込まれてしまって。最初
 に行ったバーがそこだったので、今でも暗いバーが好きです。

 繁:銀座『ルパン』もそういうお店だったんですか?

 い:ルパンはそんなに暗くないですね。バーテンダーの方がご年配の方で、
 すごい渋い雰囲気だし、客層も非常に年齢層が高くて、なんだか大人の世
 界に飛び込んだ感じですよね。もう、すごい背伸びをしてる感じ。
 
 繁:バーにはお一人で行かれることが多いんですか?

 い:そうですね、基本的には一人です。当時は一人でバーに行く女性が今よ
 り少なかったので、いろいろと苦労しました(笑)。男性が一人で入っても
 「待ち合わせですか?」ってあまり言われませんよね。女性だとほぼ確実に
 言われちゃう。「なんでこの人は一人で来てるんだろう?」って、バーテン
 ダーさんも思うらしいんです。妙に気を遣われちゃったりして。気を遣われ
 るから私も気を遣っちゃうみたいな、そういうのはありましたね。心の中で
 「ただ飲みに来てるだけだから気にしないでください~」って。
 
 繁:自分は30過ぎからバーに行き始めたので・・・なんかカッコいいですね。
 
 い:ありがとうございます(笑)。どうしても敷居が高いというイメージはあ
 るみたいですね。男性でも、なかなか足を踏み入れられない世界なのかもし
 れません。さっきお話したように、お酒一杯が千円とか千五百円とかするわ
 けですよね。それって、そこそこのランチが食べられる値段だっていう考え
 方もあれば、時間と空間にお金を払っているという考え方もあります。バー
 に通い続けないと、そういう価値観はなかなか芽生えないのかもしれません。
 どうしていいか分からないとか、何を頼んでいいか分からないとか、いろい
 ろあると思います。私も最初はそうでした。でも、バーテンダーさんとその
 空間に身を委ねればいいんです。そのうち不思議と馴染んでくるものです。

 繁:そうですね。ところで、今後も本を出されるご予定はあるんですか?

 い:そういう話があれば嬉しいですね。いろいろなネタは常に考えてます。
 国内はもとより、世界中で日本のバーテンダーの素晴らしさが広まればいい
 なぁと思っています。

 繁:その内容は、教えていただけたりは・・・?
 
 い:うーん・・・ナイショです(笑)。

 繁:聞かせていただける日を楽しみにしています(笑)。最後に何かあれば。

 い:このカバーにあるカクテル、実はシンガポールスリングなんです。面白
 いでしょ?書店で見かけたら、とりあえず手に取ってパラパラめくってみて
 ください。あ、でも、ナランハさんで買ってもらったほうがいいですよね(笑)。

 繁:まあ、書店さんでもウチでもぜひ(笑)。今日はどうもありがとうございました!

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 凛として爽やかな語り口の中に、時折見せる女性らしさが素敵で、とっても
 楽しいインタビューとなりました。お忙しい中、貴重なお時間をいただきま
 して、本当にありがとうございました。また、インタビューの場所をご提供
 いただきました、T.G.I. FRIDAYS 六本木店様にも、この場を借りて御礼申し
 上げます。

 文字数の都合や大人の事情で、割愛させていただいたお話なども多々ありま
 すが、それはまた何かの機会に。インタビュー後、バー巡りをされるとのこ
 とで、途中までお見送りさせていただきました。夜の六本木を颯爽と歩いて
 いく後ろ姿が、なんだかとても力強く輝いて見えました。お酒を、カクテル
 を愛し、日々新たなバーを開拓し続ける著者による、思いの詰まった一冊。
 見かけたらぜひお手に取ってお楽しみください。

--[ 関連情報 ]--------------------------------------------------------
 The Art of Advanced Cocktail 最先端カクテルの技術 2,625円
 http://www.naranja.co.jp/bar/web-pages/4808
 スコッチ文化研究所 http://scotchclub.org/
 DRINK PLANET http://www.drinkplanet.jp/
 今宵のバー? http://www.koyoinobar.com/
 Bar HALEKULANI http://www15.ocn.ne.jp/~halekula/
 BAROSSA cocktailier http://bistronomie.com/barossa_top.html
 旭屋出版 http://www.asahiya-jp.com/
 銀座 ルパン http://www.lupin.co.jp/
 T.G.I. FRIDAYS http://www.tgifridays.co.jp/
----------------------------------------------------------------------

====================================
 2.オリジナル名入れコースター・キャンペーン! by 刑部元志
====================================

  5月31日まで「オリジナル名入れコースター・キャンペーン」を実施中です。
 皆様の愛着と誇りのあるお店のロゴなど、ご指定の柄をコースターに印刷い
 たします。通常価格36,225円のオリジナル名入れコースターを、キャンペー
 ン特別価格29,400円でご奉仕させていただきます!

 「オリジナル名入れコースター キャンペーン」
  価格 : 29,400円(本体28,000円)※印刷版代・送料込!
  枚数 : 5,000枚(1枚あたり5.88円)
  タイプ: 紙製
  形状 : 丸型 もしくは 四角型よりお選びください。
  サイズ: 直径90mm 厚み1mm
  色  : コースター:白、印刷インク単色:1色
  納期 : ご注文内容確定後約2週間
  備考 : 2回目以降のリピートオーダー(同じ内容)に関しては
       キャンペーン終了後は30,450円(5,000枚/ケース)で承ります。
       2年間ご注文がなかった場合は版作成費が別途かかります。

 ※数量や仕様など上記と異なる条件をご希望の場合はお問い合わせください。

 ★オリジナル名入れコースター・キャンペーン!
 http://www.naranja.co.jp/bar/web-pages/4809

====================================
 3.5月13日は『カクテルの日』 by 繁岡 賢朗
====================================

 皆様、『カクテルの日』をご存知ですか?

 アメリカの週刊新聞「バランス・アンド・コロンビア・リポジトリ」で「カ
 クテル」という言葉が使われたのが1806年。読者から寄せられた問い合わせ
 に対して、初めて「カクテルとは」という定義がされたのが、5月13日のこ
 とでした。

 アメリカで初めて、カクテルが活字に登場した日にちなんで、この5月13日
 を「カクテルの日」、その前後を「カクテル・ウィーク」と呼んでいます。

 カクテルの魅力や楽しいカクテル文化を、皆さんにお伝えしていけるよう、
 微力ではありますがナランハも頑張っていきますので、どうぞよろしくお願
 いいたします!

--[ 関連サイト ]------------------------------------------------------
 5月13日は「カクテルの日」オフィシャル・ウェブサイト
 http://www.cocktailday.jp/
----------------------------------------------------------------------

====================================
 4.国内イベント情報 by 繁岡 賢朗
====================================

  ★『Tokyo インターナショナル・バーショー + Whisky Live 2012』
  バーショーとは世界各国で開催されている、バーテンダーのパフォーマン
  スが楽しめ、様々なお酒のテイスティングやバーグッズなどの展示が行わ
  れる、バーの見本市的なイベントです。カクテルコンペティションと違っ
  てプロのバーテンダーが技術を競い合うのではなく、来場者の方がテイス
  ティングを楽しんだり、ステージやブースで繰り広げられるパフォーマン
  スを見たりと、バーの文化にもっと親しむためのイベントです。日本初開
  催のこのイベントでは、国内のウイスキー業界最大の祭典・ウイスキーラ
  イヴも同時に行われます。バー・ショーとの合同開催は世界初!すでに海
  外からも注目を集める業界の一大イベントをお見逃し無く!

  日程:2012年5月5日(土)~6日(日) 11:30~18:00
  場所:東京ミッドタウン イベントホールA・B、カンファレンス
  主催:カクテル文化振興会
  HP:http://www.tokyobarshow.com/

  ★『第39回全国バーテンダー技能競技大会 in 新潟』
  日本バーテンダー協会(NBA)主催、平成24年の第39回全国バーテンダー技能
  競技大会及び、第9回フレアテンディングバーテンダーコンペティションは、
  新潟県新潟市で開催いたします。ナランハも初出展予定。日本一のバーテ
  ンダーを目指し、トップバーテンダー達が日本中から集います。数多くの
  方のご参加・ご来場をお待ちしております。

  日程:2012年5月27日(日)
  場所:ANAクラウンプラザホテル新潟
  主催:日本バーテンダー協会
  HP:http://www.bartender.or.jp/detail.php?id=91

====================================
 5.お知らせ
====================================
 
 ★The Art of Advanced Cocktail 最先端カクテルの技術 販売開始
  http://www.naranja.co.jp/bar/web-pages/4808
 
 ★ウェブサイトをリニューアルしました!
 より見やすく分かりやすいウェブサイトを目指し、4月よりウェブサイトを
 リニューアルいたしました。新しくなったウェブサイトをぜひご覧ください!
 http://www.naranja.co.jp/bar
 
  ★ナランハ スタッフブログ更新中!
 スタッフによるブログを、営業日は必ず毎日更新しています。
 様々な情報からナランハの日常の様子までお届けしてまいりますので、
 ぜひこまめにチェックをよろしくお願いします。
 /bar/blogs

====================================
 6.カタログ配布
====================================

 カタログ(バー・ツールVol.7)を無料でお送りしております。
 https://www.naranja.co.jp/bar/catalog-requests よりご請求ください。
 ショッピングカートからご注文いただく際に、最新カタログ同梱のご希望も選択可能です。
 なお、PDFファイル版のダウンロードも可能になりました。ぜひご利用ください。

====================================
 7.5月の休業日のご案内
====================================

 5月の店舗休業日は5・12・19・26日となります。
 ホームページ・E-mail・Fax等でのご注文は24時間受け付けておりますが、
 お問い合わせへのお返事・商品の発送などは翌営業日以降となりますので、
 予めご了承ください。

====================================
 8.次回発行日のご案内
====================================

 当メールマガジンの次号Vol.81は2012年6月7日(木)に配信予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 発行: 株式会社ナランハ
     http://www.naranja.co.jp/
     http://www.naranja.co.jp/bar

 執筆:繁岡賢朗 / 刑部元志
 Copyright 2012 NARANJA Inc. All Rights Reserved.
 転載の際はご連絡ください。

 登録・解除はこちら:
 http://www.naranja.co.jp/bar/news-letters

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━