10,800円で送料無料!
即日出荷対応可能
代引手数料弊社負担

バー・ツール ナランハ

バー・ツール ナランハ

お問合せ

Phone 0120-913-477

受付 10:00-17:00 土・日・祝休 ※店舗は日曜営業

question お問合せフォーム bell 返品・交換受付

バー・ツール ナランハ メールマガジン Vol.20 (2007年5月2日 発行)

        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 バー・ツール ナランハ インフォメーション メールマガジン

           http://www.naranja.co.jp/bar

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.20(2007.5.2 発行) ━━

 ☆ MENU ☆

 1.究極の氷
 2.ロードハウス・ワールド・フレア 2006
 3.冊子カタログ無料配布
 4.お知らせ
 5.5月の休業日のご案内
 6.次回発行日のご案内
 
 登録・解除はこちら http://www.naranja.co.jp/bar/news-letters

==================================== 
 1.究極の氷 by 繁岡賢朗 
==================================== 

 バーツール・ナランハでは、お酒を美味しく作り、そして楽しく飲むために 
 必要な、様々なアイテムを販売しております。基本的な道具は揃っており、 
 取り扱いの無い道具でも、お客様のご希望とあらば世界中から取り寄せ、場 
 合によってはオリジナルで製作してきました。 

 しかし、そんな弊社でも取り扱うことのできない、ある道具があります。 
 その道具はお酒作りに欠かせないのはもちろん、日常生活において誰しも小 
 さい頃から慣れ親しんでいるものです。硬くて非常に冷たいのですが、ひと 
 たび手を加えれば熱くて軟らかくなり、そして消えてなくなる不思議な物体。 
 そう、「氷」です。 

 バーなどで用いられる透明な氷は氷屋で販売されている「純氷」と呼ばれる 
 もので、純度・透明度・硬度が非常に高く、家庭用冷凍庫の自動製氷機で作 
 られる氷とは製法が全く異なります。水道水を丹念に濾過・殺菌した原水を、 
 攪拌しながら2~3日かけてじっくりと凍らせることにより、空気や不純物 
 を排除していきます。そのため純氷は、自動製氷機の氷のように白く濁るこ 
 ともなく、無味無臭の美しく透明な氷になるわけです。 

 しかし、純氷を上回るクオリティの「天然氷」を、皆さんはご存知でしょう 
 か? 埼玉県の西北部に位置する景勝地、秩父の長瀞(ながとろ)で天然氷 
 の製造を行う「阿佐美冷蔵」は明治24年創業、100年以上も続く氷の蔵元で、 
 沢の源流水を真冬に凍らせて切り出す、平安時代から続く伝統的な製法を今 
 に伝えています。 

 採氷所は山の中腹の谷間、日中でも温度が上がらない日陰にある、約10×15 
 メートルの2つの専用プールです。沢の水を引き込み、自然の冷気でゆっく 
 りと凍らせていくのですが、始めに凍る1番上の部分は、葉っぱやチリなど 
 のゴミが付着してしまうので、中に溶け込んでしまわないよう常にほうきで 
 表面を掃き、不純物が混入しないように保っているそうです。また、表面に 
 雪が付着すると濁ってしまうので、滅多に雪が降らず、かつ気温が常に低い 
 この地域は天然氷製造には理想的な場所なのですが、まれに雪が降ったりす 
 ると、最悪の場合せっかくできてきた氷を割って、初めから作業をやり直し 
 することもあるそうです。 

 そうやって細心の注意を払って作り上げられた氷が15センチの厚さになった 
 ら、いよいよ採氷。ちなみに水を張ってからこの厚さになるまで、なんと約 
 1ヶ月! 電動カッターとのこぎりで慎重に切れ目が入れられて行き、1片 
 70キログラムのブロックに切り分けられ、1日で採氷が終了します。その量 
 は合計40トン。採氷は年に1度だけなので、切り出された氷は昔ながらの木 
 造の氷室に保管され、1年間にわたり大事に使用されます。 

 このようにして作られた天然氷は純氷作りを生業とする氷屋をもってして、 
 「天然氷に勝る氷は無い!」と言わしめるほどのクオリティで、最高の氷を 
 求める人達に愛され続けています。 

 ナランハでは、残念ながら氷自体の取り扱いはありませんが、氷に関連する 
 アイテムは多々ございます。角氷を割るアイスピック、氷をすくうアイスス 
 コップ、氷を入れるアイスペール、氷をつかむアイストング、そして発光ダ 
 イオード内蔵の美しいライトキューブ。 

 皆様も美しい氷と便利な道具で、おいしいカクテルをお楽しみください。 

--[ 関連商品紹介 ]---------------------------------------------------- 
 アイスピック 410円~(税込) 
 http://www.naranja.co.jp/bar/web-pages/396 
 アイススコップ 1,365円~(税込) 
 http://www.naranja.co.jp/bar/web-pages/467 
 アイスペール 945円~(税込) 
 http://www.naranja.co.jp/bar/web-pages/389 
 アイストング 410円~(税込) 
 http://www.naranja.co.jp/bar/web-pages/393 
 ライトキューブ 368円~(税込) 
 http://www.naranja.co.jp/bar/web-pages/631 
 阿佐美冷蔵 http://www.cleansui-club.co.jp/web/vol16/02/index.html 
----------------------------------------------------------------------


====================================
 2.ロードハウス・ワールド・フレア 2006  by 中嶋潤一郎
====================================

 世界で最もフレアが盛んな国は、間違いなくアメリカです。ラスベガスを中
 心に数多くのフレア・バーが存在し、毎週のように各地でフレアのコンテス
 トが開かれ、トップ・フレア・バーテンダーは時給数万円、それにあこがれ
 るフレア・バーテンダーが世界中から集まる・・・・すべてがアメリカ中心
 に見えるフレア・バーテンディング界ですが、フレア・バーテンダーが最も
 あこがれるタイトルは、イギリスにあります。そう、世界中のテニス・プレ
 ーヤーがアメリカに集いながらも、ウィンブルドンを夢見るのと同じように、
 多くのフレア・バーテンダーの最終目標は、イギリスのロードハウスにあり
 ます。

 数限りないコンテストの中で、ロードハウスがなぜその地位たりえたか。優
 勝者に与えられる200万円を超える賞金、毎月厳しい予選が開かれ、勝ち残る
 のはたったの6名という難関、完璧な演出と観客の盛り上がり、アメリカ・
 ヨーロッパのトップが集う稀有なシチュエーション・・・・いろいろな理由
 があろうかと思います。しかしながら、その本質は、オリジナリティを尊し
 とする大会の伝統の元、参加者が新技、新ルーチーンをぶつけるギリギリの
 ガチンコ勝負の雰囲気にあると私は感じています。

 毎月行われる予選の通過者と、若干の招待選手を含め、栄誉あるロードハウ
 スの最終日に選手として演技を許されたのはわずか30名。この30名からさら
 に6名を選び、最後に至高の栄誉をかけて戦います。

 この最終予選で7位に沈み、最後の戦いを拒まれたのは、日本人プレーヤー
 でした。彼の名は、茂呂(モロ)俊文。知る人ぞ知る、日本のトップ・フレア・
 バーテンダーの一人です。先日、この日の結果について、茂呂氏より直接話
 を伺う機会がありました。

 彼の目標は、決勝進出ではありませんでした。彼は、決勝に進出し、ロドリ
 ゴそしてクリスチャンのデルペッシュ兄弟を倒し、世界一になるために、あ
 らゆる準備と練習をしたといいました。予選の演技は押さえ気味にまとめ、
 サプライズを決勝に残し、そしてタイトルを捕る予定でした。この大会は、
 最終予選と決勝が同じ日に同じ場所で行われ、そして審査員もかわりません。
 少しでもタイトルに近づくためには有効な作戦に思われました。

 決勝進出者の面々を見て彼が感じたのは、「名前の重さ」に対する価値でし
 た。いずれも名の知れたビッグネームの中にあっては「モロ」の名は響きま
 せん。超の付くスーパー・スターたちが出場すると、それだけで会場は盛り
 上がり、もちろん審査員の期待も大きく、主観の入る余地が避けられないフ
 レアの採点では少なからず影響を受けます。そういった選手と「同じぐらい
 の演技」をしていては負ける。「圧倒的な差をつけて」こそ、勝つことがで
 きるということを彼は痛感させられました。彼のみならず、その場にいた数
 名の日本人すべてが感じました・・・モロの方が良かったと。

 この大会のDVDが完成しました。決勝進出の6名の演技が収録されていま
 すが、それぞれの選手ごとにおそるべき編集が加えられています。曲にあわ
 せて映像を止めたり、スピードを替えたり、カメラの台数もかなり多く、多
 彩なアングルの映像をめまぐるしくスイッチさせます。すべての失敗は巧妙
 に編集され、誰も一度も落としません。大会観戦者によると、最も少ない選
 手で2ドロップ、他の選手もそれなりに落としていたとのこと。その映像加
 工のすさまじさを感じていただけると思います。

 あまりに映像を加工しているため、ロードハウス独特のライブ感はかなり損
 なわれています。また、失敗したシーンに学ぶ物を感じる事も多いのですが、
 すべて巧妙に削除されています。シーンの切り替わりも多く疲れます。今ま
 でのコンテスト映像に慣れた身にとってはかなりの違和感です。最初はこの
 手法に懐疑的でした。

 しかし、3度ほど通して見るうちに、だんだん慣れてきました。「あ、今の
 所で失敗したんだな・・・」という事も分かって来ました。むしろ、ロード
 ハウスの先進的なイメージってこれなのかな、という気もしてきましたし、
 なによりフレアのすごさを伝えるDVDとしては出色の出来です。この方法
 もアリなのかな、今はそう思います。フレア・バーテンディングを実際に練
 習される方はもちろんですが、フレアを実際にしない人にその美しさ、すご
 さをダイレクトに伝えることのできる貴重な作品に仕上がっています。

 残念ながら、最終予選の演技はほとんど収められていません。一人につき1
 ~3カット、まさに1技だけといった感じです。茂呂氏の出演も一瞬です。
 彼は言いました。次のロードハウスは、優勝すると。本稿で公開しても構わ
 ない、自分は有言実行、目標を公言することで時に弱くなる自分を叱咤する
 と。その目線の高さと意思の強さその心意気に、私も大きな勇気をもらいま
 した。ロードハウスで優勝する、それを見届けようではありませんか。心の
 底から、応援しています。
 
★本年度より、DVD-RではなくプレスのDVDにてご提供いたします。
 完成が若干遅れており、販売は5月15日頃を予定しています。ご注文は頂け
 ますが、5月15日以降の出荷となりますのでご了承ください。また、他の商
 品と合わせてご注文の場合は、初回に請求をまとめ、入荷次第無料で出荷い
 たします。

★本稿記事を書くに当たりご協力いただいた、茂呂俊文様、金城光浩様に心よ
 り感謝いたします。ありがとうございました。

--[ 商品サイト ]--------------------------------------------------------
 ロードハウス・ワールド・フレア 5,250円(税込)
 http://www.naranja.co.jp/bar/web-pages/439
--------------------------------------------------------------------------

====================================
 3.冊子カタログ無料配布
====================================

 バー・ツール ナランハの冊子カタログを無料でお送りいたします。
 http://www.naranja.co.jp/bar/catalog-requests よりご請求ください。

====================================
 4.新商品情報・お知らせ
====================================

 ★アイススコップ ラウンド  販売開始
  http://www.naranja.co.jp/bar/web-pages/467

 ★現在、スタッフを募集中です。詳しくは下記ページをご参照ください。
  http://www.naranja.co.jp/bar/pages/profile/recruit

====================================
 5.5月の休業日のご案内
====================================

 5月の休業日は12・19・26日となります。
 ホームページ・E-mail・Fax等でのご注文は24時間受け付けておりますが、
 お問い合わせへのお返事・商品の発送などは翌営業日以降となりますので、
 予めご了承ください。

====================================
 6.次回発行日のご案内
====================================

 当メールマガジンの次号Vol.21は2007年6月7日(木)に配信予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 発行: 株式会社ナランハ
     http://www.naranja.co.jp/
     http://www.naranja.co.jp/bar

 執筆: 中嶋潤一郎/繁岡賢朗
 Copyright 2007 NARANJA Inc. All Rights Reserved.
 転載の際はご連絡ください。

 登録・解除はこちら: http://www.naranja.co.jp/bar/news-letters

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━