10,800円で送料無料!
即日出荷対応可能
代引手数料弊社負担

バー・ツール ナランハ

バー・ツール ナランハ

お問合せ

Phone 0120-913-477

受付 10:00-17:00 土・日・祝休 ※店舗は日曜営業

question お問合せフォーム bell 返品・交換受付

バー・ツール ナランハ メールマガジン Vol.26 (2007年11月1日 発行)

        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 バー・ツール ナランハ インフォメーション メールマガジン

           http://www.naranja.co.jp/bar

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.26(2007.11.1 発行) ━━

 ☆ MENU ☆

 1.カントン・フェア
 2.マドラー
 3.冊子カタログ無料配布
 4.お知らせ
 5.11月の休業日のご案内
 6.スタッフ 募集中!
 7.次回発行日のご案内
 
 登録・解除はこちら http://www.naranja.co.jp/bar/news-letters

====================================
 1.カントン・フェア by 中嶋潤一郎
====================================

 食在広州 -食は広州にあり-

 美食家ならずとも一度は聞いたことのある、中国南部の巨大都市「広州」。
 実はこの街を訪れる最も多い外国人は、観光客ではなく貿易商のビジネス
 マンだというのをご存知でしょうか。

 一年中、輸出入関連の展示会が市内各所で開かれ、中国全土から有数の企業
 が集まって世界に中国の産品をアピールする催しが開かれています。その中
 でも最も歴史が古く、そして規模が大きいのが「カントン・フェア」。年2
 回開かれるこの展示会も今回で何と102回目を数えますが、この時期は街に
 外国人があふれ、ホテルの値段が跳ね上がり、広州のもう1つの風物詩と
 なっています。

 私も2年ぶりにこの「カントン・フェア」を訪れ、バー用品の探索に出向い
 て参りました。巨大な会場に無数の業者がひしめく中、「厨房用品」エリア
 を中心に、くまなく会場を歩きました。正直言って、目新しい発見は少なかっ
 たのですが、1つ大きく変わっていたのは「安全性」に対するアピールでした。

 中国の商品といえば、最近「安全性」が盛んに問題になっています。アメリ
 カでは「チャイナ・フリー」といわれる中国由来の原料を用いていない商品
 が売れている、などと悲しいニュースも流れました。記憶に新しいのは、あ
 の「段ボール肉まん」事件。結局は悲しいデマでしたが、振り返ってみれば
 自分たちも人の事を言えた義理ではありません。日本でも多くの会社が偽装
 を続け、悪事を隠し、最後に暴かれています。

 しかし「安全」「安心」はどうやって見分けるのでしょう。
 カントン・フェアでも「わが社の製品は安全です」と頑張っていた会社も多
 くありましたが、どれを信じれば良いのでしょうか。

 結局、私には分かりませんでした。

 ちなみに、ナランハでは、シェーカーの中にもいくつか中国産があります。
 その中でも価格の安さと品質の高さで最も人気のあるのは、ダルトン社のベ
 ル・ヘッド・シェーカー。1つ1つの商品の差という意味での安定感は非常
 に高く、しっかりと品質管理をされている事を実感します。パッケージもしっ
 かりしており、個人的には非常に信頼を抱いている製品なのですが、改めて
 ダルトンの会社の方に中国製品に対しての所感を聞いてみました。

 やはり、中国製品に対するお客様の問合せは昨今増えているとの事。ただし、
 安全性や安心感に対するアピールについては、所定の検査をしっかりと行っ
 ていること、そして商品の販売実績(数量や取扱期間)などを見て頂くしか
 ないとの事でした。ダルトン社も20年以上に渡って中国製品の取扱を続けて
 おり、その地道な販売の実績をお客様がどう判断されるか、という事でした。
 結局のところ、安心と安全に決定打は無いんでしょう。

 さて、私は学生時代に中国に何度も遊びに行きました。その頃入り浸った場
 末の小食堂の雰囲気がとても懐かしく、今回の出張でも腹が減っては飛び込
 みました。タバコを吸ったその手で麺を打ち、伸ばした麺が地面に付きそう
 になり・・・と突っ込み所満載の不衛生と無愛想さの中に、十数年前の学生
 時代、そしてその後妻と2人で過ごした中国の思い出がよみがえり、美味し
 く、そして少し切なく料理を頂きました。豪華な丸テーブルだけが中華料理
 ではない、是非中国に行った時は、勇気を出して街場の食堂に入って欲しい
 と思います。

 話を戻して、ナランハの安全性に対する取り組みについて、一言。
 ナランハでは、この問題が重要であることを常に認識し、他社同様、所定の
 検査はしっかりと行っていきます。しかし、一番大事なのは、ウソをつかな
 い事。安全性をいたずらにアピールするのではなく、与えられた情報をしっ
 かりと伝え、判断をお客様に委ねることだと思っています。手始めに、弊社
 取扱製品で、原産国の分かるものについてはそれをホームページに表記する
 ことにいたしました(11月2日より)。その他、何かご意見等ございましたら
 お知らせくだされば幸いです。

--[ 商品紹介 / 関連サイト ]-------------------------------------------
 ベル・ヘッド・シェーカー http://www.naranja.co.jp/bar/web-pages/7259
----------------------------------------------------------------------


====================================
 2.マドラー  by 宮越奈緒
====================================

 バーテンダーがカクテルメイキングに使うバースプーンは、よりおいしいカ
 クテルを素早く作るために、機能性が最も重視されます。それに比べてマド
 ラーはグラスとともにお客様に供され、お客様が直接手を触れるもののため
 飲み物をかき混ぜるという本来の役割の他にも、デザイン・色・素材なども
 選ぶ時の重要なポイントとなります。ナランハではどんなお客様にも、どん
 なカクテルにも必ずふさわしいマドラーを見つけていただけるよう、さまざ
 まな種類のマドラーを90種類、初回ラインアップとして取り揃えました。

 素材では定番でどんなカクテルにも合うステンレス製、少しカジュアルな雰
 囲気でカラフルなアクリル製、日本の伝統工芸品で焼酎にも似合う和のテイ
 ストを持ったガラス製、と大きく分けて3種類あります。

 形ではクラシックなタイプからネコ・フラミンゴなど動物の飾りがついてい
 るもの、振ると音がシャカシャカ鳴る遊び心たっぷりのマラカスタイプ、大
 空へいざなう太陽・星・月がついているものなど色々なジャンルを集めました。

 例えば、お客様がゴルフで汗を流された後にはアイアンの形をした「バーデ
 ィー」を添え、お着物を召された女性のお客様にはかんざしを模したガラス
 製の「小花」で和の雰囲気をご提供する、などお客様に合わせたマドラーを
 選ぶことも可能です。また、カクテルとグラスのイメージによって必然と似
 合うマドラーが決まることもありますし、楽しいお酒の席での話題のひとつ
 として、珍しいマドラーをお出しするのもまた一興です。

 基本的に1本単位でお買い求めいただけますので、多種のマドラーを少量ず
 つ取り揃えていただくことができます。また、第2弾として約50種類を近日
 販売開始予定です。ぜひご期待ください。

--[ 関連サイト ]-------------------------------------------
 マドラー http://www.naranja.co.jp/bar/web-categories/318
----------------------------------------------------------------------

====================================
 3.冊子カタログ無料配布
====================================

 バー・ツール ナランハのカタログ第4弾となる2007年10月1日版のカタロ
 グをご希望の方に差し上げております。
 ホームページ http://www.naranja.co.jp/bar/catalog-requests
 よりご請求ください。全国無料で配送いたします。
 もしくは、お名前/ご住所/電話番号/メールアドレス/必要部数をお書きの上、
 ナランハまでメールにてご請求ください。

====================================
 4.新商品情報・お知らせ
====================================

 ★マドラー 各種販売開始
  http://www.naranja.co.jp/bar/web-categories/318

====================================
 5.11月の休業日のご案内
====================================

 11月の休業日は3・10・17・23・24日となります。
 ホームページ・E-mail・Fax等でのご注文は24時間受け付けておりますが、
 お問い合わせへのお返事・商品の発送などは翌営業日以降となりますので、
 予めご了承ください。

====================================
 6.スタッフ 募集中!
====================================

 現在、スタッフを募集中です。詳しくは下記ページをご参照ください。
 http://www.naranja.co.jp/bar/pages/profile/recruit

====================================
 7.次回発行日のご案内
====================================

 当メールマガジンの次号Vol.27は2007年12月6日(木)に配信予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 発行: 株式会社ナランハ
     http://www.naranja.co.jp/
     http://www.naranja.co.jp/bar

 執筆: 中嶋潤一郎/宮越奈緒
 Copyright 2007 NARANJA Inc. All Rights Reserved.
 転載の際はご連絡ください。

 登録・解除はこちら: http://www.naranja.co.jp/bar/news-letters

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━