使用済のヘリウム缶(バルーンタイム、ヘリカンくん等)の処分はどうすればよいですか?

A

使い切りタイプのヘリウムガスには、複数のバルーンをふくらませる「バルーンタイム」、しぼみかけたバルーンの補充が主な用途の「ヘリカンくん」、補充にも使えますが、ラテックスバルーン1個をふくらませることのできる「風船ヘリウムふわふわ」など、様々な種類があります。

いずれもスチールでできています。缶に穴を開け、お住いの地域のルールに従って不燃物あるいはスチールの資源ごみとして処分してください。バルーンタイムには、穴を開けやすいように薄くなった部分があります。マイナスドライバーや釘を当て、ハンマー等で穴を開けてください。

ヘリウムガスは不燃性の安全なガスですが、自治体や業者によっては回収を拒否される場合もあります。特にバルーンタイムはその大きさとボンベ状の見た目から、拒否されることもしばしばあるようです。この場合は、送料はお客様の負担になりますが、製造輸入元にお送りいただければ、処分してくれます。

ボンベに直接詳しい記載がありますので、安心してご購入ください。

バルーンタイム廃棄
バルーンタイム廃棄

^