ナランハ バルーン カンパニー

オンライン ショップ

ナランハ バルーン カンパニー
カート内 : 0点 / 0円
Balloon

いつでもお気軽にお問い合わせください

Phone 0120-913-477

10:00-17:00
土・日・祝休
店舗は日曜営業

question お問合せフォーム bell 返品・交換受付

バルーンの中に人が入るパフォーマンスについて教えてください

まずはじめに、ふくらませたバルーンに人が入るというのは大きな危険の伴うパフォーマンスです。安全策として、必ず補助の人を立て、緊急脱出用のはさみをご準備ください。本記事についても、このパフォーマンスを推奨するものではありません。すべては皆様の自己責任にて行ってください。

ナランハでは、人が入ることのできる大きなバルーンとして、以下の2商品を販売しています。

この2つの違いは大きさと価格ですが、大きいバルーンの方がふくらませた時に割れにくく、人が入る場合の摩擦や衝撃にも強いため、より大きい180Rがおすすめです。

中に入るためには、自身の服でバルーンを割ることが無いよう、靴を脱ぎ、ベルト等の硬い物は外してください。

口巻きを切って広げやすくし、ガンタイプのブロアー(ハンディーブロアーコードレスブロアー等)で最大までふくらませます。

後はすばやく広げたバルーンに、頭から入ります。上半身だけが入った状態は、恐怖感を覚えます。また、この状態で実際にバルーンがしぼんでしまうと大変危険です。必ず補助の人を立て、いつでも風船を割れるようにしてください。

自分自身を栓にして、空気の漏れが最小限になるように、最後まで体を入れます。そして空気の入る部分を手でしっかりと握り、軽く飛び跳ねるようにしながら体とバルーンの位置を入れ替え、手で押さえていた入口から顔をだします。

以下に動画を準備していますので、あわせてご覧ください。

再利用については、一度ふくらませた風船は非常に割れやすくなります。当社でも実験をいたしましたが、2~3回の利用で割れることが多いようです。あまり再利用をアテにされない方がよろしいかと存じます。