ナランハ バルーン カンパニー

オンライン ショップ

ナランハ バルーン カンパニー
カート内 : 0点 / 0円
Balloon

いつでもお気軽にお問い合わせください

Phone 0120-913-477

10:00-17:00
土・日・祝休
店舗は日曜営業

question お問合せフォーム bell 返品・交換受付

エア ビルダー

バルーン・ウォール 施工例

エア ビルダー 施工例(バルーン・ウォール)

壁面のデコレーションの施工方法です。ウォールバルーンエディタでデザインを決めます。

ウォールバルーンエディタは外部サイトのこちらよりダウンロードしてください。

エア ビルダー
Step 1

Step 1

ウォールバルーンエディタでデザインを決めます。塗りつぶし機能が加わり、デザインの変更も簡単にできるようになりました。

エア ビルダー
Step 2

Step 2

デザインが決まったら、『R』キーを押して左右反転させ、Pictureボタンを押して画像をセーブします。実際に接続する時、ストッパーのある裏面を上にした方がやりやすいので、反転させてプリントアウトします。

エア ビルダー
Step 3

Step 3

デザイン画像をプリントアウトし、必要なエア ビルダーを用意します。ウォールを作る場合、コネクターはエア ビルダーの枚数より若干多く用意します。

※今回のサンプルでは、エア ビルダー100枚に対してコネクター117組を使用しました。

エア ビルダー
Step 4

Step 4

デザインの左上から順に並べます。ストッパーの位置、フラップを重ねる順番を揃えると仕上がりがきれいになります。

エア ビルダー
Step 5-1

Step 5

それぞれをコネクターで接続します。凹コネクターを下に置いてフラップの穴に通し、上から凸コネクターで止めます。凹コネクターに4枚のフラップを通すのが辛い時は、最後の1枚を凸コネクターと一緒に上から押し込んでも強度に問題はありません。

エア ビルダー
Step 5-2

寒い季節はコネクターが硬くなり、押し込みづらくなります。作業直前まで暖かい場所で保管するか、凹コネクターを熱湯に浮かべて柔らかくします。凸コネクターを暖めても、押し込みやすくはなりません。

エア ビルダー
Step 5-3

当然ですが、接続し終わった部分は巻き取ってスペースを作ります。

エア ビルダー
Step 6

Step 6

このように事前に接続して運び込むことで、現場作業がとても楽になります。

エア ビルダー100枚の場合、接続に要する時間は2人で30分弱です。

エア ビルダー
Step 7-1

Step 7

エアを入れます。入れた後はストッパーをしっかりと押し込んでください。

エア ビルダー100枚の場合、コンプレッサーで10分ほど掛かります。

学園祭や地域のお祭りなど人手が多く得られるときは、ハンドポンプ数本で、交代でふくらましても良いでしょう。

エア ビルダー
Step 7-2

エアー漏れの原因のほとんどはストッパーの押し込み不足です。硬い時はストッパーを水で濡らして押し込んでください。

エアの注入が完了しました。

エア ビルダー
Step 8-1

Step 8

取り付けは、接続したフラップにS字フックをひっかけたり、ロープで括りつけます。

※フラップの穴では強度が不足します。

エア ビルダー
Step 8-2

今回のサンプルの場合は、両手に日の丸扇バルーンを持たせて、完成しました。