10,800円で送料無料!
即日出荷対応可能
代引手数料弊社負担

バー・ツール ナランハ

バー・ツール ナランハ

お問合せ

Phone 0120-913-477

受付 10:00-17:00 土・日・祝休 ※店舗は日曜営業

question お問合せフォーム bell 返品・交換受付

バー・ツール ナランハ メールマガジン Vol.62 (2010年11月4日 発行)

        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 バー・ツール ナランハ インフォメーション メールマガジン

           http://www.naranja.co.jp/bar

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.62(2010.11.4 発行) ━━

 ☆ MENU ☆

 1.バンポン付シャンパンタワーグラス ~ 溢れる想い ~
 2.カタログ配布
 3.新商品情報・お知らせ
 4.休業日のご案内
 5.次回発行日のご案内
 
 登録・解除はこちら http://www.naranja.co.jp/bar/news-letters


====================================
 1.バンポン付シャンパンタワーグラス ~ 溢れる想い ~ by 繁岡 賢朗
====================================

 皆さんは「シャンパンタワー」ってご存知ですか?

 シャンパングラスをピラミッド状に積み、頂上からシャンパンを注ぎ、流れ
 落ちる様子を楽しむことで、結婚式などを盛り上げる豪華な演出として、日
 本ではバブルの時代からよく見られるようになりました。また、ホストクラ
 ブでホストの誕生日を祝うイベントなどでも、行われることがあるようです。

 ぶどう収穫のお祝いとして、シャンパーニュの大手メーカーが行ったことが
 発祥とされ、グラスを積み上げていくことで「人生の歩みを刻み」、シャン
 パンを注ぎいれることで「幸せが満ち溢れ」、そのシャンパンが下へ広がっ
 ていくことで「末広がりに発展し」、完成した形が「天に感謝する祈り」を
 表しているとされています。

 豪華さの象徴として行われるこの演出、規模やオプションなどにもよります
 が、結婚式では3~10万円、ホストクラブですと軽く100万円を超えるとか。
 つい先日も東京・歌舞伎町のホストクラブでの飲食代金175万円の支払いを命
 じる判決が東京地裁で出ましたが、彫刻入りの特注シャンパン20本を使用し
 たシャンパンタワー代はなんと148万円! はじける笑顔、シャンパンの泡、
 そして万札の束・・・皆様、くれぐれもご注文は計画的に。

 さて、この148万円のシャンパンタワー、いったいどれぐらいの規模だったん
 でしょう。シャンパン20本ということは通常サイズのボトルであれば750ml×
 20本で15リットル。タワーに使用されるグラスは口が広く底の浅いクープ型。
 通常サイズの120mlだとして125杯。タワーは6段で91個、7段で140個のグラ
 スが必要なので、20本全て注ぎきったとすれば恐らく7段。グラス1個の高さ
 が120mmくらいであれば、全高84cmの立派なタワーです。ちなみに世界最大の
 シャンパンタワーは2008年にベルギーのアントワープで制作されたもので、
 高さ7メートル、重さ約9トン、グラス個数4万3千個!と超巨大。必要な
 シャンパンは約6千本!ホストクラブ価格だと約4億5千万円!!お客様、
 くれぐれもご注文はご遠慮願います。

 7メートルはさておき、7段でもかなりの高層タワー。高くすればするほど
 見栄えはよくなりますが、積み上げている途中や、シャンパンを注ぎいれて
 いる最中に、グラスが倒壊してしまう危険性も飛躍的にアップします。そこ
 で今回ご紹介するのが、この「バンポン付シャンパンタワーグラス」。滑り
 を防止する透明ポリマー樹脂が台座に4点接着されており、4つの突起部を
 それぞれ下段の4つのグラス口部に落とすことにより、タワー全体の振動に
 対する安全性を高め、通常のグラスでは危険な高層タワーでの安定度も抜群
 です。

 この透明ポリマー樹脂のことを「バンポン」と呼ぶのですが、またなんとも
 不思議なネーミングです。だいたい私くらいの年になると、だいたいどんな
 言葉を耳にしても「あぁなんか聞いたことある。意味は分からないけど。」
 となるのが常なんですが、バンポンは全く記憶になく、イメージも沸きませ
 ん。似たような言葉であれば、バカボン、ピンポン、元本、原本、サンコン、
 ゾマホン、イ・ビョンホンといくらでも頭に浮かぶのですが・・・

 こういうときはメーカーさんに電話です。早速お調べいただいたのですが、
 どうやらバンポンは別のメーカーから仕入れてグラスに付けているため、名
 前の由来は分からないとのこと。ここで諦めないのが私のいいところ。改め
 てバンポンの本当のメーカーさんに電話。そもそもこのバンポン、滑り止め
 やクッション材として、OA機器や家具の足、扉の戸当たりなどに利用される
 ものだそうで、そういえば私の自宅にもいたるところに付いています。皆さ
 んのご自宅にもきっとあるはずです。ヒマでしょうがない方はぜひお探しく
 ださい。

 それはさておき、肝心の意味ですが返ってきた答えは「製品の名前なので特
 に意味はありません」とのこと・・・意味が無いのであればなおさら、なん
 でこんな変わった名前にしたのか、若かりし頃の自分なら即座に突っ込みを
 入れるところですが、あんまりしつこくしてお仕事の邪魔をするのも申し訳
 ないためグッとこらえます。大人になったなぁ、良くも悪くも。

 というわけで手詰まりに。もっとあっさり分かると思ったのですが・・・こ
 のままでは気になって夜も眠れません。夢でパンポンにうなされそうです。
 メルマガもオチがつきません。困ったときは現実逃避。新人スタッフの若い
 女性2人と立ち話。自然と話はバンポンのことに。「この丸いのがバンポン
 っていうんだけど~」と話し出した矢先のこと。2人とも口を揃えて「あぁ
 ~なるほど、確かにバンポンですね♪」と、なんとも不思議なことを言うの
 です。すかさず「えっ!?バンポン知ってるの??」と尋ねたところ、これ
 また口を揃えて予想外の答えが返ってきました。「この膨らんでる感じがま
 さにバンプオンって感じだなぁと思って。」と・・・バンプオン?はて??

 お2人さん曰く「バンプオン(Bump on)」は英語で「こぶ」や「隆起」という
 意味とのこと・・・これが正解で間違いない!!まさか英語だとは思いもよ
 らず。でも、そういえばバンポンのメーカーは本社がアメリカだったはず。
 慌てて商標登録検索サイトで調べたところ・・・ビンゴ!「BUMPON」
 で登録されていました!!つまり「バンポン付」というのは「こぶ付」とい
 う意味だったんですね。なるほど納得。それにしてもバンポンと聞いてバン
 プオンが瞬時に出てきたお2人の英語力に脱帽。さすがニュージーランド6
 年在住&スピーチコンテスト常連。おかげで今夜はぐっすり眠れそうです。

 ----------

 共に歩み 刻んだ時間
 想いは体中に満ち溢れ いつまでも広がっていく
 
 心から感謝し 幸せを祈って・・・

--[ 関連サイト ]------------------------------------------------------
 バンポン付シャンパンタワーグラス 577円
 http://www.naranja.co.jp/bar/web-pages/503
----------------------------------------------------------------------


====================================
 2.新カタログ配布
====================================

 カタログ(バー・ツールVol.6)を無料でお送りしております。
 https://www.naranja.co.jp/bar/catalog-requests よりご請求ください。

====================================
 3.お知らせ
====================================
 
 ★ナランハ スタッフブログ更新中!
 スタッフによるブログを、営業日は必ず毎日更新しています。
 様々な情報からナランハの日常の様子までお届けしてまいりますので、
 ぜひこまめにチェックをよろしくお願いします。
 /bar/blogs

 ★電話番号がフリーダイヤルに!
 固定電話、携帯電話、PHSどちらからでも通話料無料でご利用いただけます。
 新電話番号は「0120-913-477」です。

====================================
 4.11月の休業日のご案内
====================================

 11月の店舗休業日は3・6・13・20・23・27日となります。
 ホームページ・E-mail・Fax等でのご注文は24時間受け付けておりますが、
 お問い合わせへのお返事・商品の発送などは翌営業日以降となりますので、
 予めご了承ください。


====================================
 5.次回発行日のご案内
====================================

 当メールマガジンの次号Vol.63は2010年12月2日(木)に配信予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 発行: 株式会社ナランハ
     http://www.naranja.co.jp/
     http://www.naranja.co.jp/bar

 執筆: 繁岡賢朗
 Copyright 2010 NARANJA Inc. All Rights Reserved.
 転載の際はご連絡ください。

 登録・解除はこちら: http://www.naranja.co.jp/bar/news-letters

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━