ご報告(レポート) 2024年

ジャグリング道具 レンタルサービス をご利用の皆様より頂いたご報告の一覧です。

ジャグリングを「やってみる」楽しさを伝えて頂いた皆様に、心より感謝申し上げます。

2024年6月
陣中子ども会、お楽しみ会
2024年6月9日(日)
陣中子ども会でのお楽しみ会にて。
高校ジャグリング部の生徒さんを講師に招き、ボール、スピニングプレート、ディアボロ、シガーボックスを生徒さんから教えていただき、それぞれ4種類をグループに分かれて体験をしました。
1時間程度の会を予定してましたが、皆んながとても夢中になってしまい、最後の発表会を2回に分けて子どもたちが披露して、1時間半の楽しい会になりました。
ボールはお手玉の感覚と思ってたら、なかなか難しかったようです。
シガーボックスは割とすぐにコツを掴んでやっていました。
スピニングプレートは小刻みに上手に回している子がたくさんいました。
そして一番大人気だったのが、ディアボロです。最後の発表会はみんなコレがやりたくて取り合いになるほどでした。
1時間の会では足りないくらいで、時間があっという間に過ぎました。
家でもやってみたい!というお声もありました。また機会があれば是非レンタルしたいと思います。
この度はどうもありがとうございました。
2024年3月
大町通り子ども会 総会
進級を控えた子供達の歓送迎会お楽しみ企画として
ジャグリング体験会を行いました。
講師にジャグリングパフォーマー アットさんお招きし、
ポイントを分かりやすく教えてもらうと、徐々に出来る人が増えて
大人も子供も一緒になって夢中でボールを投げ続けました。
参加者みんなで体を動かして楽しい時間を過ごすことができました。
2024年2月
東京福祉専門学校 ジャグリング体験
今回は、ボール、クラブ、皿回しに取り組みました。各参加には道具に一通り触れて頂いた後、練習したい道具や技を各自で選んで頂き、個別練習に取り組んで頂きました。
また、目標が欲しい方にはそれぞれの道具にいくつかのクリア目標を設定し(例:2個のボールをそれぞれ頭より高く投げて交換、3個のボールでカスケードし5回キャッチなど)、取り組んで頂きましたが、結果的には全員、どの道具にも興味を持ちながら、目標に向かって熱心に取り組んでいらっしゃいました。
ジャグリングの魅力に引き込まれ、参加者の集中力も自然と高まっていきましたが、中には短時間で次々と目標をクリアする方もいらっしゃり、思わぬ才能の発見にもつながりました。
当初は「自分には出来ることが無い」と不安そうな表情を見せていた参加者の方も、「初めてこんなことが出来た」と全く違う表情を見せて下さったのがとても印象的でした。
弊方はリハビリの学科ですので、卒業後は臨床現場や施設などに勤務することになります。
今回ジャグリング体験ができたことで、それぞれの学生の趣味や特技が広がっただけでなく、「現場でジャグリングを披露して楽しんでもらう」「対象者の方にジャグリングを教える、いっしょに練習する」「イベントに外部のジャグラーをお招きする」等、将来的な様々な関わり方(ジャグリングの活用方法)がイメージでき、とても貴重で有意義な時間となりました。
ナランハの皆様、ありがとうございました。
2024年1月
ジャグリング体験会
今回のイベントでは6時間でブースの来場者が70人を超え、
子供だけではなくその親御さんにも楽しんでいただくことができました。

ぜひまた外部での際は利用させていただきます。
ありがとうございました。
^