ナランハ バルーン カンパニー スタッフブログ

ナランハ バルーン カンパニー スタッフブログ

投稿
2012/02/01 11:29
執筆
チャーリー
カテゴリ
旧ブログ(バルーン)

学生がバルーンで地上24キロ上空から撮影成功

こんにちは、オサカベです♪

ブログで、以前にもバルーンを使った

空撮を紹介しました。

高度3万の世界へ

他にも、空撮の専門家ではない方達が、

バルーンを使ってものすごい高度からの

撮影に成功している例があります。

スペインの学生
予算 100ドル以下!
高度 約3万メートル

学生がバルーンで地上24キロ上空から撮影成功

ニューヨークの親子
高度 約3万メートル
落下点 出発地点から48キロメートル離れたことろ

90分間の実際の記録DVDも販売しているみたいです!

最近、カナダの学生もバルーンでの

高高度撮影に成功しました。

カナダのトロントに住む、

ホー君とムハンマド君の

2人の学生による記録ですが、

手作りな感じが溢れている記事でした。

1、人形とカメラの着地用パラシュートは、
ムハンマド君のお母さん製

2、バルーンやヘリウムガスは、パーティー用品店で購入。

3、材料費は500ドル以下!

4、バルーンが飛び上がってから、落ちるまで
餃子(のような料理)を作って待ってた。

こちらも、発射場所から50キロぐらい離れた場所に

落ちたようです。

海外で、ほとんど誰も居ない土地があるところだから、

可能なのでしょう。

日本では、大陸に比べて落下地点が

地面である可能性も低いし、

また、空もそれなりに混んで(航空法的に)います。

残念ですが、安易にマネはできませんね。

しかし、バルーンにヒモをつけて、

建物を上から見るくらいは、

電線とか、ご近所さんに気をつければ、

大丈夫でした。


全 1 件中 1 - 1 件を表示しています。