投稿
2016年4月1日
執筆
チャーリー

バルーンでバルーンを宅配

おはようございます。オサカベですモノクロ(音符)

ナランハが独自に開発中のバルーンによる商品宅配サービス

「バルーン DE ドローン」をご紹介します。

ドローンDEバルーン

ナランハ物流センターからお客様のお住まいの地域へ向けて

ご注文の品を浮かぶバルーンにぶら下げて大空に放ちます。

条件が合えば数時間でお届けが可能になります。

マップ

Map data ©2016 Google

唯一の弱点はお客様の方角に飛んでいくかどうかわからない点で

あります。あらかじめお客様に飛んでいきそうな方角に移動していただく

ことでこの問題を解決します。

バルーン1個で運べる商品は少ないので大量にご注文された場合、

大量なバルーンを空に放つことになりそれはとても壮観なシーンと

なります。

なお、「バルーン DE ドローン」は

4月1日限定エイプリルフール企画であり、

架空のサービスです。

コメント・続きを読む
投稿
2016年3月30日
執筆
Shioda

よくあるお問い合わせのご紹介です。

こんにちは太陽

本日30日は、バルーンのように顔が丸くなってきた塩田よりお届けいたします。

1年間で、なぜか8キロ体重が増加しました…雷

さて、今回はバルーンのご注文を検討されている皆様より、

塩田による独断と偏見で、特に多いお問い合わせを3点、

FAQ形式でご案内させていただきます電球

Q.ホテルへの配送は可能ですか?

A.可能です。

配送先にホテル名・宿泊予定日・氏名に宿泊者様名をご記入ください。

hotel

住所番地のみだと、ホテルのスタッフの方に配送されてしまう場合や、

最悪、配送ができない場合があります。ご注意ください。

ホテルの部屋をバルーンで一杯にするサプライズで、

ご利用いただくことがあります。

事前に荷物を増やしたくない場合や、サプライズがバレないように、

ご利用ください。

Q.○○はヘリウムガスを入れて配送してもらえますか?

A.商品仕様欄に、ヘリウムインバルーンのチェックを入れる欄があるバルーンは、

ヘリウムガスを入れてお届けすることができます。

逆に、チェックを入れる欄が無いバルーンは、

ヘリウムガスを入れてお届けすることができません。

以下の表示があれば、ヘリウムガスを入れてのお届けが可能です。

HIBOK

以下の場合、ヘリウムガスを入れてのお届けができません。

HIBNG

ただ、

「ヘリウムインバルーンが利用できない=ヘリウムガスを入れても宙に浮かない」

というわけではありません。電球

商品名にバブルバルーンやエアウォーカーが付くバルーンは、バルーンの素材や配送の都合上、サービスを利用できないだけで、ご自身でヘリウムガスを入れていただければ、宙に浮きます。

例えば、

エアーウォーカー スターウォーズ ストーム トルーパー、 サイズが大きいために配送用の箱がなく、ヘリウムガスを入れてお送りすることができません・・・申し訳ございません。

ストームトルーパー

Q.○○(バルーン名)は、ふくらますためにどれくらいの量の空気が必要ですか?

A.商品仕様欄に記載されている「容量○○リットル」が、ふくらますために必要な量です。

例えば、容量 15リットル と記載されている場合、

1つにつき15リットルの空気・ヘリウムガスが必要です。

heilum

フィルムバルーンにヘリウムガスを入れたいけど必要な量が分からない!と言った場合、

以下の4つのステップで計算してみてください。

(1)ふくらませたいバルーンの種類と数量を決める。

(2)商品仕様欄にて容量をチェック。

(3)容量×数量=必要な量を確定。

(4)必要な量に応じて、バルーンタイムやレンタル ヘリウムガス のサイズを決める。

例えば、マイラーバルーン ハート 18インチを100個ふくらませたい場合、

容量が15リットルなので、15リットル×100個=合計1500リットルのヘリウムガスが必要となる計算です。

ここで、ご注意いただきたい点があります。

それは、「必要な量より多めに用意する」ことです。

ヘリウムガスのボンベの元栓が若干緩んでしまっていたり、バルーンに入れる際に漏れたりする等の様々な理由により、不足することがあります。

確実に必要なバルーンをふくらますためにも、多めの量をご用意ください。

ナランハでは、お問い合わせをいただいた際は2割増しでご案内させていただいております。

他にもよくいただく質問をFAQにまとめていますので

ぜひご覧ください。

ご質問等がございましたら、お問合せフォーム よりお気軽にお問い合わせください。キラキラ

コメント・続きを読む
投稿
2016年3月25日
執筆
saki

Tバルーン(ティー・バルーン)ってなぁに?

寒の戻りで温度調整が難しい日々が続きます。先日なくなったカイロを調達しようと近くのスーパーに買いに行ったら、既にカイロコーナーは撤廃され、仕方なく温湿布をカイロ代わりに使っている宮下です笑顔*ハート

さて、本日はタイトルにしましたTバルーンをご紹介いたします応援ディスプレイやバルーンブーケなどに使われている、おすすめのアイテムです!是非その特性を知っていただき、まだ使ったことがない!という方は試しに1枚使ってみてくださいキモキャラ

Tバルーン(ティー・バルーン)とは

使用例

Tバルーン(ティー・バルーン)とは、保湿により伸びる性質をもつ特殊な透明のうすい生地でできたフィルムバルーンです。 ガスバリア性が高く表面の光沢感、透明感に優れており、長期ディスプレイにおすすめです。

バルーンブーケ

主にラテックスバルーン(ゴム風船)を中に入れて使います。ラテックスバルーンは、時間が経つと徐々に空気が抜け、表面の光沢も無くなってきますが、このTバルーンで覆うことで、きれいな見栄えをより長く保つことができます。また、Tバルーンの中に5インチや6インチの小さなバルーンを複数個入れて作るインサイダーバルーン(バルーンの中にバルーンを入れるアレンジ)はフィルムバルーンと組み合わせてプレゼントにも人気です。

ふくらまし例

Tバルーンは他のフィルムバルーンとは異なり、表面のシワがなくなるまで空気もしくはヘリウムガスを入れて使用します。完全な球形にはならず、円盤の形となります。

逆止弁(風船の中の気体が逆流しないための弁)がついていないので、カーリングリボン等のしっかりしたヒモやリボンで固く結ぶかシーラー等で熱圧着をして空気口をふさぎ、空気が逆流するのを防ぎます。但し、空気口の長さが短いためシーラー等で熱処理をして密閉するのは、若干やりにくくなっています。ご注意ください。

詳しいご使用方法を書いた、図解入りの日本語インストラクションをご用意しております。ご使用の際は是非参考にしてください。

9インチバルーン使用例

123mm-360mmサイズはエア専用となっております。例えば右図のようにラテックスに密着させることできれいな光沢感とバルーンのもちを良くします。エア専用のサイズはヘリウムガスをいれても浮かない、あるいは浮いても長時間もちませんので、空気をいれて使用します。各サイズの適当なバルーンサイズは以下となります。

  • 123mm : 5インチ
  • 175mm : 9インチ
  • 234mm : 9インチ
  • 360mm : 11インチ
  • 440mm以上 : 16インチ
複数個いれた例

440mm以上のサイズはヘリウムもしくは空気(エア)どちらでもご使用いただけます。右図のように小さな風船を入れて浮かせたい場合、中に入れるバルーンの個数は以下の数量がおすすめです。ただし、中のバルーンをふくらませたサイズ、作りたいアレンジによってはこの限りではありません。

  • 400~440mm : 2~3個
  • 490~555mm : 3~5個

※少しでも軽くするため、中にいれたラテックスバルーンの口巻き部分は切り取ります。見栄えもよくなりますので是非お試しください。

使用上の注意

Tバルーンはが乾燥していると生地が伸びず割れやすくなります。使用前には十分に湿度を吸収させててからご使用ください。特に冬期は乾燥しやすいのでご注意ください。おしぼり等保湿剤と一緒に保管することをおすすめいたします。ただし、バルーンに直接水や熱湯をかけたり、浸したりはしないでください。

ちなみに写真は本日Tバルーンを扱ったことがないスタッフが作ったものです音符こつをつかめば誰でも簡単にTバルーンを楽しんでいただけます♪是非お試しくださいキモキャラ

コメント・続きを読む
投稿
2016年3月23日
執筆
マツポン
カテゴリ

店舗アルバイトスタッフ募集

こんにちは!

最近はなぜかバッティングセンター野球にハマっているマツポンですクローバー デコメ絵文字

桜前線桜 デコメ絵文字が日に日に北上し、いよいよ春めいてきたこの頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

春は出会いの季節!ということで、ナランハ板橋店舗ではアルバイトスタッフの募集を開始いたしました

週3~5日、お店の接客スタッフとして働いてくれる方を大募集です!

募集ページもオープンしていますので、ぜひぜひご覧ください絵文字

内観
接客中

「お店の雰囲気がもっと知りたい・・・」

そんな方は過去のスタッフブログや、Twitterフェイスブックを見てみてください。きっと楽しい雰囲気が伝わると思いますキラキラ

もちろん店舗お店まで実際に遊びに来るのもOKですかっぱ(敬礼)

一緒に働いてくれる方、募集ページ記載の応募方法にしたがって、どしどしご応募ください手紙

みなさんと働くことを、とても楽しみにしています!

集合写真

マツポンでしたクローバー デコメ絵文字

コメント・続きを読む
投稿
2016年3月18日
執筆
ナカシマ

できた!(だいたい)

ナランハ・バルーン・カンパニーより中嶋がお届けします。

構想が浮かんでは消え、消えては浮かんでを繰り返した

「ミニパック 本数カウントシステム」が

いよいよ(ほとんど)できました。

いままで、本当に色んな方法を試してきましたが、

バルーンそのもののバラつきが主な原因で、

機械でうまく計測できず、今まで私が提案した

数々のアイデアは、こっそりと闇に葬られ、

知らない間に、皆、手で1本1本数えていたのですが・・・

今度こそ、皆に採用してもらえる(とうれしい)

いい感じ(と自分だけ鼻息のあらい)

マシーンが(基本部分だけ)できあがりました。

重さをベースにカウントするのですが、

バルーンのバラつきを極力排除するための

統計的手法を駆使し、

市販の機器をゴチャゴチャ組合せ

機器にない機能を無理やりプログラムで補い、

そして、絶対に間違えない(であろう)

自慢のマシーンが、ここに(基本的に)完成しました。

それでは、デビューの模様をお届けします。

お付き合いいただきありがとうございます。

ちなみに、下の写真は、画像解析を組み合わせて数えようとした

これまた自慢のマシーンですが、

きれいさっぱりボツとなりました。

ミニパックカウントマシーン

これからも、頼れるものには頼りながら、

正確な納品を目指して頑張ります!

以上、ナランハより中嶋がお届けしました。

コメント・続きを読む
^