ナランハ バルーン カンパニー スタッフブログ

ナランハ バルーン カンパニー スタッフブログ

投稿
2018/11/14 10:00
執筆
チャーリー
カテゴリ
インタビュー

ナランハ 突撃インタビュー その28 ~ Balloon-Syotaro ~様 前編

さて、皆様お待ちかね、「ナランハ 突撃インタビュー!」のお時間です。ぱちぱち

縁あってお会いできたツイスターの皆様に、あつかましくもインタビューをお願いし、

お答えいただことを記事にしてお届けしていきたいと思います。笑顔*ハート

作り方から作品背景までディティールへの

こだわりクセすごいBalloon-Syotaro(バルーンショータロー)」さんです。

※写真をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。

Balloon-Syotaroさん

では、はじめにSyotaroさんより簡単な自己紹介ですお辞儀

初めまして!Balloon-Syotaroと申します。

「バルーンアートでAnimatedな瞬間を提供する」をミッションに、パフォーマンスギフトの作製、SNSでのバルーンアート作品の発信等をやらせて頂いてます。

SNSでの作品発信としては、Instagramを中心にしています。

balloon_syotaro03

Syotaroさんがバルーンを始められたきっかけはなんですか?

最初にバルーンに触れたのは幼稚園の頃です。

横浜の大道芸で川原彰さんのパフォーマンスを見たことをキッカケに、大道芸人の真似事を始めました。マジックや初心者向けの皿回しなど、いろいろあった真似事の一つがバルーンアートだったんです。

当時、バルーンおやじさんが入門ビデオを販売してて、それを見て一人で練習しました。

一旦熱が冷めたものの、大学の頃に、単発イベントで簡単なバルーンアートが出来る人の求人を見て、そういえば俺やってたなと思って、勢いで申し込みました。

ただ、かなり久しぶりだったので、ネットで軽く情報を調べたら、Syanさんやジャッキーさんが作り込みのすごい作品の作り方をあげていたり、画像検索して出てくる作品が10本も100本も使った大きな作品だったりと、私が知ってた1~2本ものの作品とは大きくかけ離れた世界が広がってました。

まさに、浦島太郎状態です(笑)。

それで、私ももっとやりたい!と思い、そこから熱が再燃しました。

Syotaros_monky

Syotaroさんがパフォーマーとして心がけていることはなんですか?

2つあります。

1つ目は、私の掲げているミッションである「バルーンアートでAnimatedな瞬間を提供する」です。

Animatedには、生き生きとした、活発な、という意味があります。

その言葉通り、パフォーマンスを通して、見ている人の心がイキイキとする瞬間をたくさんお送りできるよう、意識してパフォーマンスをいます。

2つ目に、ファミリーエンターテイメントであることです。

大人も子どもも関係なく、見ていて楽しい、驚きがある、むしろ大人がもう一回見たいなと思ってしまう。

そういうパフォーマンスでありたいと思っています。

twisters2018_syotaro

Syotaroさんのかわいらしい作品たちの発想はどこから生まれますか?

動物の動画や写真をしょっちゅう見ています。

どんな動物でも、しぐさや動きの中に、あ、今の可愛い!とか、今の動き面白い!とか、そういうのが隠れているんです。

作品に落とし込む時は、単に可愛いではなく、独特の表情があるとか、その動物らしい動きがあるとか、そういう所まで表現したいなと思っています。

dack

SyotaroさんのSNSやショーで着ている衣装(シャツにペイント)って何か意味があるのですか?

実は、今のパフォーマンスには裏のストーリーがあり、その役柄として、アトリエの主人という設定があるんです。

――――――――――

その主人はずーーっとアトリエに篭って絵や写真、造形などを一人で楽しんでいました。ところがある日、誰かとこの楽しさを共有したいと思い立ちました。

でもやり方がわかりません。

たくさん悩みました。

そして思いつきました。

「アトリエでパーティーを開いてしまおう」

――――――――――

この衣装には、主人がアトリエにあるものを使って華やかに飾り付けをした一環で、服を絵の具でカラフルに塗った、というストーリーがあったんです。

Balloon-Syotaroさん04

直近でパフォーマンスを見られる場所はありますか?

現在決まっている一般向けのイベントはこちらです。

★あらかわ すとりぃとふぇす

11/24(土)

東京都荒川区の荒川商店街で開催です。

パフォーマンスで出演します。

★よこすかシーサイドマラソン

11/25(日)

神奈川県横須賀市で開催です。

マラソンイベントですが、キッズエリアがあり、そこでの大道芸として出ます。

細かい出演情報はツイッターやInstagramのストーリー等で随時発信していますので、確認してみてください!

サンタクロース

もっとお話しを聞いていたいですが、前編はここまで。

続きは次回12月12日(水)配信予定!こうご期待!にやり

投稿
2018/10/10 10:00
執筆
チャーリー
カテゴリ
インタビュー

ナランハ 突撃インタビュー その27 ~ バルーン&マジックまーち ~様 後編

さて、皆様お待ちかね、「ナランハ 突撃インタビュー!」のお時間です。ぱちぱち

今回は前回に続く後編!ツイスターズでも講師を務められ毎回満席となる人気ぶり。僕人気だからっぶちゆ∀

「うたのお姉さん」「イベントMC」としても多くのステージをこなす女性バルーンパフォーマー

バルーン&マジックまーち」さんですパチパチ

※写真をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。

バルーンアンドマジックまーちさん

前編をまだご覧でない方は、9月12日に配信の「ナランハ 突撃インタビュー その27 ~ バルーンアンドマジックまーち ~様 前編」をご覧ください目(まばたき)

前編ではバルーンとの出会いやお名前の由来など、過去のまーちさんのことを色々お伺いしました!今回は現在のまーちさんについてお伺いしています。


だから言える、パフォーマンスやコンテストの時の失敗談やひやっとした話を聞かせてもらえますか???

たくさんありすぎて(笑)どちらも生ものなので・・・汗 パフォーマンスの時は、仕込んだものをトランクに入れ忘れていて、使う瞬間に「ない!!」って焦ったこととか、仕込みの物が本番で割れていたり、皆さん経験あると思いますが(笑)。そういうハプニングはない方がいいですが、だんだんとそれを楽しめるようになって来るんですよね~。そういう時の頭のフル回転する感じって普段の生活のでは、なかなか味わえないものなので、ちょっと癖になります。

ハプニングはない方がいいですが、だんだんとそれを楽しめるようになって来るんですよね~。

コンテストの失敗談と言えば、作品名の提出締め切りが何か月か前で、いざコンテスト直前にすごくいいアイディア白い人(ひらめき)を思い付いてしまって、本番は提出した作品名と全く違うものを作ってしまったことですね(笑)。この時は、本当に提出した事を全く忘れていて、展示された後、他のツイスターさんに「まーちさんの作品、作品名が違ってるみたいですよ。」って教えて頂いて初めて気付いたくらいでした。ご覧になられた方が皆さん不思議がって、色々な角度からご覧になられたり、係の方に確認してくださった方もいらっしゃったたようです。ある意味かなりな話題作でしたね~。勿論失格です。(笑)

記録には残りませんでしたが、皆さんの記憶には残ったからいいかな。

バルーンアンドマジックまーちさん

どのようにして風船を保存されていますか?おすすめの保管方法はありますかはてな

開封したものは、空気をぬいて、外気にさらさないようもう一枚別の袋に入れます。あとは、なるべく回転を良くしたいので使い切る分だけこまめに発注しています。ナランハさんは5時までの注文で当日発送して下さって、私の地域には翌日の午前中に届けていただけるので、本当に助かります。いつもお世話になっております。

豆柴

好きなバルーンの種類、好きなバルーンメーカーはありますか?また、お気に入りのバルーンアイテムを教えてください!

リーズナブルなことと長さがあって使いやすいと言う事でセンペルテックスを使い始めたのですが、コロンビア産だからでしょうか?発色が良くて、どれも色味が明るく奇麗なので、今も8割はセンペルテックスを使用しています。癒着していたり、ちぎれていたりという不良品がほとんど入っていない所も気に入っています。淡い色合いのサテンパールが特に好きですね~。ただ、260S以外のサイズで廃版色が多いのがすごく残念です・・。

horse

今力を入れていること、今後のご活動予定などございましたら教えてください。

パフォーマンスの部分では、今はマジックに凝っていて、マジック自体もともと風船をつかったネタは多いのですが、オリジナリティーのある風船寄りのマジックネタをもっと考えて増やしていきたいですね。今一番よくやる演目はバルーンを使った予言マジックです。風船だけを使ったマジックなので、バルーンパフォーマンスとして見ることもできますし、マジックとしてもみれる。お客様にも参加してもらえるのでお気に入りなんですが、これ以上はネタばれしてしまうので言えません。機会があれば皆さん、見にいらしてくださいね。吹き出し/来てネ

バルーンの教室の機会をもっと増やしていきたいと思っていますので、講座を開きたい、ベアを作ってみたい・・などありましたら、是非ご連絡ください。メール

テディベア
squirre

是非これを伝えたい!!と言うことがありましたら、どうぞ!

今はバルーンの技法もある程度出尽くした感じで、レシピもすぐ手に入るので、一般の方も本当に皆さんお上手ですよね。自分も置いて行かれないように必死です(笑)

始めたころから、私はアーティストというよりクリエイター寄りなので、これからも新しい作品を考えていけたらいいなあと思っています。ツイストバルーンは特に制約が多いというか、自由が利かないからこそ考える余地があって面白いです。まだまだ、理想の形を追って行きたいです。


この度はお忙しいなかご協力いただきありがとうございました!まーち様の益々のご活躍を心より祈念いたします。

さて、次回はどなたに突撃となるのか・・・こうご期待!!!きらん

投稿
2018/09/12 10:00
執筆
チャーリー
カテゴリ
インタビュー

ナランハ 突撃インタビュー その27 ~ バルーン&マジックまーち ~様 前編

さて、皆様お待ちかね、「ナランハ 突撃インタビュー!」のお時間です。ぱちぱち

縁あってお会いできたツイスターの皆様に、あつかましくもインタビューをお願いし、

お答えいただことを記事にしてお届けしていきたいと思います。笑顔*ハート

今回は、あるときはバルーンとマジックの華麗なパフォーマー、

またある時は素敵な歌のおねえさん。

バルーン&マジックまーち」さんですパチパチ

※写真をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。

バルーンアンドマジックまーちさん

まーちさんは、子供から大人の方まで楽しんでいただける夢のあるステージを

多くの方にお届けしているパフォーマーさんです。ハート


では、はじめにまーちさんより簡単な自己紹介ですお辞儀

はい。関東圏を中心にバルーン&マジックのパフォーマンスをしております、まーちです。ご依頼があればバルーン装飾やギフトなども手掛けています。その他、イベントのMCや歌のお姉さんとしても活動しています。


まーちさんがバルーンを始められたきっかけはなんですか?

歌のお姉さんとして舞台に立っていた時「コンサートの中で歌や手遊びの他に、何か楽しいものを取り入れたいな・・・」という感じで知人に基本のバルーンを習ったのが最初でした。ただ、もともと物を作ったり、迷路やパズルが好きだったせいもあって基本のものは2日くらいでほとんど作り終えてしまったんです。そこで「もっと他に作れるものはないのかな」とインターネットで検索していたところジャッキィさんのサイト「キュッとバルーン」に行き当たりました。その時は衝撃でしたね~。すごくびっくりしました。 今、自分が手にしているただの細長い風船がこんな形にはてなって。(笑)

まーちさんパフォーマンス

私が始めた8~9年前はHPやSNSで作品を公開されている方もそれほど多くはいらっしゃらなかったんですが、そこからはバルーンおやじさんやバルーンシュウさん、Syanさん・・いろいろな方の作品を検索したり見よう見まねで作ってみたりして最初の1年は360日くらい、毎日4~5時間はひねっていました。今思うと怖いです。(笑)汗


"バルーンパフォーマー まーち"になられたきっかけを教えてください!

単純に3月生まれなのでMarchと。あとは小さな子供たちの一番好きなリズムがマーチ(1、2、1、2の行進曲のリズム音符)なので。最初はアルファベット表記だったのですが、あまりに「なんて読むんですか?」って聞かれるので、それならいっそだれでもが読めるひらがなにしちゃえ・・と言う事で「まーち」にしました。


思い出に残っている作品、コンテスト、イベントはありますかハテナよろしければその時のエピソードを教えてください。

そうですね~。いろいろありますが、やはりツイスターズですね。初めてインストラクターをさせて頂いたのがツイスターズ2011in沼津だったんですが、実はこの時、私自身まだバルーンを初めて2年目だったんです。今思うと冷汗なんですが(笑)その頃はまだ怖いもの知らずというか、世間知らずというか・・大先輩ばかりの中、よくやりましたよね。今も作っているテディ・ベアの講座だったのですが、募集後すぐに満席を頂いたんです。まだ本当に無名の時期に、私の作品を見て作ってみたいと沢山の方に思っていただけたことが、本当にうれしかったです。

お蔭さまでその後もツイスターズの講座は毎回満席をいただけています。

テディベア

作品を作るときに、アイディアはどうやって生まれますか?また、パフォーマンスする際の『こだわり』はありますか?

作品は先に作りたいものやテーマがあって、そこへ近づけていくという感じです。その時ほとんど他の方のバルーン作品は見ないので後から被りがないか検索したりするときに、もっと効率的なやり方を発見して「あ~~そういう手があったのか~」ということも多いです。普段はバルーン以外のアート作品や写真などからインスピレーションやアイディアをもらっています。あ、筋肉図解とか骨格標本骸骨も大好きです。

パフォーマンスに関しては、お客様とのやり取りを常に意識しています。楽しいのが一番だと思っているので、ステージの時には技術とか二の次でワクワクしてもらえる構成を考えます。マジックを取り入れたのもそのためで、マジシャンがカードを使うマジックをカードの部分を風船で再現したりすることで、バルーンにあまり興味のない大人の方にも、ちゃんとバルーンも見てもらいつつ楽しんでいただけるようになりました。始めたころは頭が固くて、バルーン以外のものを使うなんて・・と思っていたのですが、お客様にとっては、楽しんでもらうことが一番大事ですから。お客様にも楽しんでいただけていますし、自分自身も今のパフォーマンスのスタイルが一番気に入っています。

バルーンアンドマジックまーちさん

もっとお話しを聞いていたいですが、前編はここまで。続きは次回10月17日(水)配信予定!こうご期待!にやり

投稿
2018/08/08 9:00
執筆
saki
カテゴリ
インタビュー

ナランハ 突撃インタビュー その26 ~ May(メイ) ~様 後編

さて、皆様お待ちかね、「ナランハ 突撃インタビュー!」のお時間です。ぱちぱち

今回は前回に続く後編!全米大会のパフォーマンスコンテストにて2度の受賞歴を持ち、関西を中心にご活躍されている女性パフォーマー

May(メイ)」さんですパチパチ

※写真をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。

メイさん

前編をまだご覧でない方は、7月11日に配信の「ナランハ 突撃インタビュー その26 ~ May(メイ) ~様 前編」をご覧ください音符

前編ではバルーンとの出会いやお名前の由来など、過去のMay(メイ)さんのことを色々お伺いしました!今回は現在のMayさんについてお伺いしています応援


May(メイ)さんが自分で作る作品の中で、一番好きなものは何ですか?

『鳳凰(ほうおう)』ですね。数々のコンテストやイベントで一緒に頑張ってきた相方みたいなものです(笑)

鳳凰

※鳳凰は、中国神話の伝説の鳥、霊鳥。(ウィキペディア参照)

いつもかっこいいなーと拝見しています!確かにパフォーマンスの一部になっている作品は、相方のようなものですよね音符


以前衣装は自作とお伺いしたことがあります!お気に入りの一着はどれですか?お気に入りどころ、見どころを教えてください♪

「衣装は、ほぼ既製品で一部自作です!」

一部でしたか!失礼しました!!

「デビュー当時の衣装は、今はもう着る勇気がないですー笑 ハート。フリフリでやってました。写真で衣装の変化をお楽しみください!」

「デビュー当時です。恥ずかしいポッ 恥ずかしいよ~

メイさん~デビュー当時

「イベントの企画でティンカーベルにもなりました。」

メイさん~ティンカーベル

「和風スタイルの初期ですね!」

メイさん~和風スタイル初期

「この時のイベントで金髪のカツラを忘れた事をきっかけに、金髪を辞めました(笑)

メイさん~地毛デビュー

「この帯をtwist&shout2018の為に自作しました。」

メイさん~自作の帯

実物を拝見しましたが、とっても素敵でした!!

「そして現在です。」

メイさん~現在

衣装と一緒に歴史を振り返られて、楽しかったです♪色んな衣装を着られていたんですね!金髪当時の写真をみて、あの可愛らしい方はMay(メイ)さんだったのかと、今更気づきました・・・。すみません!!汗


さて、定番の質問です!どのようにして風船を保存されていますか?おすすめの保管方法はありますかプーさん  はてな

「購入した袋のまま、衣装ケースに入れて保管してます。あまり在庫をかかえないように、数ヶ月で使い切るようにしてます!」

素晴らしい!保管も大切ですが、使い切るのが一番ですよね♪


好きなバルーンの種類、好きなバルーンメーカーはありますか?

「好きというか、1番使用率が高いのはセンペルテックスのスタンダードカラーですね!ショーでもグリーティングでも1番使用してます。」

「あと、ハートはクオラテックス使ってます!形が好きです。どちらのメーカーも用途に応じて使い分けてます!」

クオラテックスの小さいハートはコロッとした形が可愛いですよね!センペルテックスも沢山お使いいただいていて、嬉しいです!


ご活動されている内容で、一番好きなもの、力をいれているものは何ですか?それはなぜですか?

100%パフォーマンスです!!

「やっぱり最初に見た、バルーンアーティストMOGUさんやアキさんのパフォーマンスを見て、バルーンに感動したのではなく、MOGUさんアキさん自身に感動したからですね!私もそこ目指してます!」

「バルーンって、とっても素晴らしい魅力のある魔力のあるアイテムだと思っています。」

「その魅力・魔力に頼ったパフォーマンスはしたくない!←これは師匠からの教えです!私も同じ想いですね。」

「『またMay(メイ)さんのバルーンを見たい』って言われるより、『またMay(メイ)さんに会いたい』って言ってもらえたら嬉しいですね!」

なるほど。師匠の教えもしっかり受け継いで、芯を持ってパフォーマンスされている気持ちがとても伝わりました。とてもかっこいいです!


最後に是非伝えたい!!と言うことがありましたら、どうぞ!どうぞなもやりん

「前回4つ目の質問でお伝えした、提供する『時間』。」

「その『時間』の中で私がこれから伝えたいことは、分かりやすく言うと映画ズートピアでウサギのジュディか言った言葉、『誰でも何にでもなれる。』ということ。」

「専業主婦だった私は32歳でバルーンアートに出会い、33歳からパフォーマーになり、34歳でシングルマザーになり39歳で全米チャンピオンになった。」

「バルーンアートに限らず、何かをやりたいけど年齢や環境などの関係で躊躇(ちゅうちょ)していたり、ほんの少しの一歩が踏み出せずにいる方々に、とにかくやってみよう!って気持ちが伝わって行動に繋がる事が広がっていけば嬉しいですね!」


この度はお忙しいなかご協力いただきありがとうございました!May様の益々のご活躍を心より祈念いたします。

さて、次回はどなたに突撃となるのか・・・こうご期待!!!きらん

投稿
2018/07/11 15:00
執筆
saki
カテゴリ
インタビュー

ナランハ 突撃インタビュー その26 ~ May(メイ) ~様 前編

さて、皆様お待ちかね、「ナランハ 突撃インタビュー!」のお時間です。ぱちぱち

縁あってお会いできたツイスターの皆様に、あつかましくもインタビューをお願いし、お答えいただことを記事にしてお届けしていきたいと思います。笑顔*ハート

今回はバルーン全米大会のパフォーマンスコンテストにて2度の受賞歴を持ち、関西を中心にご活躍されている女性パフォーマー

May(メイ)」さんですパチパチ

※写真をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。

バルーン_メイさん

May(メイ)さんは華奢で美しい見た目からは想像つかない大胆な動きのパフォーマンスが魅力的なパフォーマーさんです!ハート


では、はじめにMay(メイ)さんより簡単な自己紹介ですお辞儀

「皆さま、こんにちは!Mayです。大阪生まれ大阪育ち!バルーンアート歴8年、パフォーマー歴7年!ステージショーを主に世界中で活動してます!」


May(メイ)さんがバルーンを始められたきっかけは何だったんですか?

「2010年8月に近所のショッピングモールで『バルーンアーティストMOGU』さんのバルーンショーを見て衝撃を受け、そこから2ヶ月後の10月に師匠となるバルーンパフォーマーアキさんのショーを観に行き、アキさんが大阪でバルーン教室をやっていると知り、バルーンアートを習い始めました。」

なるほど!お二方のショーに影響されて、バルーンの世界に!次々目の前で出来上がるバルーンの作品と、楽しい気持ちにさせてくれるショーの2つが重なって、心踊らされる気持わかりますハート♪


May(メイ)としてご活動されるようになったきっかけを教えてください!

「趣味で始めたバルーンアート。仕事にするつもりなど全くありませんでした。」

「習い始めて3ヶ月経った頃に、思いのほか上達が早かったようで、アキさんからの勧めで風船配りのお仕事をさせていただいたのが最初のお仕事です。」

「その時に芸名を『May(メイ)』にしました。名前の由来もいろんな人から聞かれるのですが、特にこだわって付けた名前ではないんです苦笑い

「本名とは全く関係なく、その初グリーティングのお仕事を決める時だったので、『今日中に決めて!』って感じで、当時mixiを『みにぃ』というニックネームでやっていました。『みにぃ(ミニー)」はさすがにNGということで・・・。苦笑いシェリーメイの『メイ』にしました!」

「改名したいなぁと何度か思いましたが、なかなかタイミングもなく、今に至ります!」

「本名から『麗(レイ/Ray)』とかにしたいなぁとか思ってましたが…今更ダメですよね!!!??」

もう「May(メイ)」さんとしての知名度があると思いますので、もったいないかと!でも「Ray(レイ)」さんでも芯の強い美しさのイメージは壊れませんね!この際、キャラによって使い分けてもいいかもしれませんねいいね!


思い出に残っている作品、コンテストやイベントはありますかハテナよろしければその時のエピソードを教えてください♪

「私が最初に出たコンテストは、ツイスターズ2014札幌大会でした。ワンバルーンとツイスト15にエントリーしました。初出場で3位と準優勝をいただきました!」

「その時に作ったのが、『ヒツジ』です。ワンバルーンのヒツジと、ツイスト15のヒツジ。特にワンバルーンは、あるグリーティングの現場で子供にヒツジ作って!と言われて、その時私のレパートリーの中にヒツジは無くて、断ってしまったんです。」

ヒツジ
ヒツジ_ツイスト15

「その後、どうしても断ってしまった事が悔しくて申し訳なくて、試行錯誤して出来上がったヒツジをコンテストに出しました!結果3位をいただき嬉しかったです!」

ツイスターズ2014表彰式

「パフォーマンスのコンテストではtwist &shout2017とtwist &shout2018ですね!」

「2014年からツイスターズ以外にも国内大道芸コンテストに数々挑戦しました。2014年から2016年の2年間で準優勝を5つ程と特別賞などいただいておりました。」

「優勝の壁はなかなか超えられない中、2017年twist &shoutフロリダ大会ステージパフォーマンス部門に挑戦しました。この頃になると、コンテストは他人との戦いではなく、自分との戦いになってましたね。」

その執念、かっこいいです!!

「結果は観客票は優勝。審査員票は準優勝。初めての優勝で嬉しい気持ちと、やっぱり準優勝か…また自分に負けてしまった!って気持ちと…。」

ツイスターズ2017

「1年後の2018年twist &shoutラスベガス大会。ギリギリまでエントリーを悩みましたが、やっぱり悔しかったから再チャレンジ!結果、観客票、審査員票共に優勝をいただきました!パフォーマンスコンテストに出続けて4年。やっとスタートラインに立てた気分です。」

ツイスターズ2018

2018年大会は私も現地で拝見いたしました!美しくて大胆なパフォーマンスでした。授賞式で観客表、審査員表どちらも優勝となった瞬間、鳥肌がたったのを覚えています。本当におめでとうございますハート☆のばし棒


作品を作るとき、あるいはパフォーマンスのこだわりはありますか?アイディアはどこから生まれますかプーさん  はてな

「作品を作る時は、『可愛いモノ』にこだわってます。」

「たとえワンバルーンの作品でもバランスの違いで可愛くなったり、そうでなくなくなったり。子供、大人、関係なく誰が見ても『可愛い!欲しい!』って思える作品が私の理想です。」

可愛いバルーンはテンションが高くなります!!

「パフォーマンスでのこだわりは、こだわりと言うか想いですね。ショーでは、観ていただいてるお客様に楽しい『時間』を提供するのが私の仕事です。『風船でこんなスゴイ物が作れます!』とか『自分の好きな物、好きな事だけをする』っていうのはしたくないんですよね。」

「その時間の中で、主役は風船ではなく、私とその場にいる全ての人たち。何か心に残るパフォーマンスをしたいです。って言うか、してます!!この続きはQ10でお伝えします!」

バルーンショー_メイ

「アイディアは、私は天才ではないのでアイディアが溢れ出てきたりしません!なのでコンテストに出す様なバルーンの作品はまずテーマを決めて、そこからそのテーマに関する色んな物を見まくります。そしてイメージを固めて形にしていきます!」

テーマを決めるのはいいですよね!一気にイメージがふくらみそうです!


もっとお話しを聞いていたいですが、前編はここまで。続きは次回8月8日(木)配信予定!こうご期待!にやり

全 45 件中 1 - 5 件を表示しています。