投稿
2022年4月25日
執筆
モロズミ
カテゴリ

デイジーバルーン「“バランス“展 Vol.02」 レポート

4月も後半となり、うららかな日差しが気持ちよい季節となりましたね。

そんな好季節の先日、デイジーバルーン(細貝里枝さんと河田孝志さんによるユニット)の「“バランス“展 Vol.02」 に行って参りました。

こちらは、2022年1月に新設されたデイジーバルーンのAgainG(アゲンギャラリー)で開催されています。

AgainG外観

ギャラリーのこけら落としとなるこの展示は、ブラジル・サンパウロにて2021年に開催された「“バランス“展」の第二弾となります。

展示

展示されているポラリスバルーンは、横浜風船とデイジーバルーンで共同開発で完成したもの。まるでオーロラのように見える特殊なフィルムは繊細な色の変化が多く、ライトアップだけではなく日の光の入り方でも雰囲気が違うため、時間帯によって作品の雰囲気が違ってくるそう。お伺いした17:00頃は曇りということもあり、鈍く穏やかな光が窓から差し込み、とても幻想的でした。

展示2

作品に使用されているのはデイジーバルーンオリジナルの形で、すべて手作業でシェイプされたものとのこと!

吊り下げられたバルーンが揺れるたび作品の表情が変わり、反射や光の透過でもまた違った表情を見せていました。

ギャラリー入口

会場は、神奈川県川崎市多摩区のAgainG(アゲンギャラリー)。毎週土曜日13:00-18:00のみ開場、事前予約制なのでご注意ください。2022年5月28日(土)までの開催です。

ギャラリー屋上

詳細は下記デイジーバルーンのWebページよりご確認ください。

http://daisyballoon.com/ja/gallery/

ポラリスバルーンはナランハでも販売しています。

ポラリス フィルム バルーン 130mm

ポラリス フィルム バルーン 250mm

コメント

(コメントはありません)

コメントを書く

皆様よりのコメントをお寄せください。

当社の判断により、コメントを掲載しない場合がございます。あらかじめご了承ください。

* は必須事項です。
コメント送信
ハンドルネーム可
実際には表示されません。
(カタカナで「ナランハ」)
「ナランハ」とお書きください。 自動投稿(スパム)を防ぎます。
^